スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
鳥かごをテラリウムに その3
2012 / 07 / 13 ( Fri )
しつこくこのネタひっぱります、すみませんペコリ(o_ _)o

過去記事 → その1 その2



前2回でも色々なお野菜が登場していますが、うちは小松菜がバカ売れなんですけど、

青菜も一種類ばかりでは良くないと聞くので、時々はあえて違うものを出すようにしています。



小松菜の代打、ちんげん菜。

茎が太いから菜挿しに入りませんよね。だから、一枚だけあげるときは牛乳瓶。
1DSC_1559
鳥さんにはどーでもいいことですが、一応“八ヶ岳”ってのが飼い主的こだわり


数枚あげるときは、広口瓶。カラフルなビー玉は固定&彩りの2役
2DSC_1563


豆苗。今回は抹茶茶碗で育成。


カゴ内に入れず、カゴとカゴの間に置いてみました
3DSC_1537

右から手乗り組が引っ張り、
4DSC_1530


左から非手乗り組がつつく。
5DSC_1543

と、

真ん中から突如、乱入者あらわる
6DSC_1553


両者一歩も譲らぬにらみ合いが、しばらく続きました
7DSC_1557



スノー、困ったことに、カゴの中にお野菜を入れておいても、ほとんど食べません。

まだ底網を取って撒き餌状態で食べていて、餌箱の存在もわかってないので

仕方ないかもしれませんが、それでも、菜挿しでなく底に置いておいても食べません。


ところが、放鳥中にはこんなふうに、

育成中のスプラウトや他のカゴの網の間からはみ出た青菜を見つけては

喜んでついばんでます。

とんだあまのじゃくさんです

この時も、上からばさーっとジャンプして、豆苗のど真ん中にダイブしてくれました

一発でメッタメタにされるので不経済ではありますが、

食べてくれるなら・・・の親心です。



鳥さんによって好みも食べ方のスタイルも変わるから、

よ~く研究しないといけませんね。

でもそれが楽しかったりする飼い主なのでした。



とうみょうのとらんぽりん、たのしいでしゅ~♪
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村 ←食べ物を粗末に扱うスノーにお叱りのポチッを!

スポンサーサイト
21 : 30 | 鳥さんのごはん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。