スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
止まり木考
2012 / 04 / 09 ( Mon )
モフモフカップル(いっちー・左 / ぼんちゃん・右)です。

DSC_6766.jpg


日光浴中です。



ケージは普段、東の窓側に置いていて、午前中は充分陽が射すのですが、

それでも時々は、窓ガラス越しでない陽の光を浴びせてあげたくて。



大掃除も兼ねて、おそとでのびのびです。




さて、こちらは cotte cotte さんで購入した止まり木。
DSC_6770.jpg

サクラの枝だそうです。


一点ものです。



止まり木は均一な太さのものよりも、

できれば自然の木のようにでこぼこしているもののほうが、

鳥さんの足に良いと聞き、いろいろ探して

cotte cotte さんに辿りつきました。



人間だって、アスファルトの上より

土の上のほうが、足に優しいに決まってる。


と、考えれば・・・ね。




この止まり木は、細枝と太い枝がふたまたに分かれていて、

趣のあるところが気に入りました。




取り付け部分を見てみると、
DSC_6771.jpg

ねじの入れ込み部分が意外に斜めになっていました。



あれ?おかしいな・・・と思いながら取り付けると





DSC_6776.jpg

見事に、細枝の部分が地面と平行になりました。


どうやら、一点一点、その枝ごとの特性を考慮し、

取り付けた時の角度、位置を十分に考えて、ねじの位置を決めてあるようです。

いい仕事してます 



最近、上の写真のように左右で違うサイズのエサ入れを付けてみていますが、

普通の止まり木では、左の小さいエサ入れまで距離がありすぎるのが悩みでした。


このふたまたの止まり木は、太い枝がちょうど、小さいエサ入れの前まで伸びてくれて、ぴったりんこ

まるで、オーダーメイドの止まり木のようです




細い枝はお手のもの。しっかり掴むことができます
DSC_6783.jpg

少し心配だった太い枝も、意外に安定して乗っています
DSC_6781.jpg



そして、もうひとつ
DSC_6744.jpg

テーブルタイプの止まり木も購入しました。


結構厚みがあり、持ってみるとずっしりと重くてびっくりしました。

でも、ケージに止めると案外しっかりします。



外皮を剥かず、そのまま使ってあるのがお気に入りです。

きちんと熱湯消毒されているそうで、安心です。




十姉妹は、いわゆるハイブリッドの家禽であり、

自然界に存在しない鳥。


でも、手乗りではないこの子たちにとっては、ケージの中の世界がすべて。

ならば、ケージの中は、少しでも 自然に近い形 にしてあげたいな

と思っています。





DSC_6786.jpg

くつろいだり、ぼーっとしたり、

羽繕いしたり・・・



良い日なたぼっこステージが出来ました





cotte cotte さんのお店はこちら

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
09 : 30 | 鳥さんのおうち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<シジュウカラさん | ホーム | 羽繕い>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://miki3869.blog.fc2.com/tb.php/20-22626bef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。