スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
巣上げ
2012 / 05 / 07 ( Mon )
ふぅ。もうこんな時間。

今日は長い一日でした・・・



朝一番で、十姉妹のひなっぴを巣上げしました。

DSC_8516.jpg


手乗りにするために。



朝、いっちーさん♀とぼんちゃん♂夫婦が、ふたりとも出払っている隙に

つぼ巣ごとひなっぴ誘拐



またすぐ産卵してもらっても困るので、つぼ巣の代わりに皿巣を入れておきました

DSC_8515.jpg

い 「あれ!?なんか巣が変わってる!?」


子供がいなくなって、もっと動揺するかと思ったんですが、

夫婦とも案外平然としてました。



しかし、この後が大変。

ひなっぴたちをふごに入れてしばらく落ち着かせてから、

挿し餌しようとするが、口を開いてくれない・・・



時間をおいて何度かトライするうち、4羽のうち2羽は、

空腹に屈したのか、それとも本能的にしたのか

わかりませんが、とにかく口をパカッと開けてくれました。



しかし、代理母(私)が下手くそで、

あのちいさなちいさな口にうまく挿し餌できない。

そのうち、口を開いてくれた2羽も嫌がって

やがて貝のように閉ざしてしまいました・・・


そのうはからっぽだし、これではまずいと思い

一旦、親に返してみました。



一度巣から離した雛を戻すと、育児放棄する親もいると聞き

たいへん不安でしたが、それ以外に選択肢はないと思いました。



すると、どうでしょう



皿巣の上なのに、

DSC_8517.jpg

DSC_8518.jpg

いっちー母さん、たちまちのうちに

えぐえぐと餌を吐き出し、ひなっぴに与え始めました。



頑なに口を閉ざしていた子も、

ピーピー鳴いて大口を開けて餌をねだります。


そんなに空腹だったのに、代理母(私)の餌を食べようとしなかったの?

こんなに小さい身体に

ちゃんと防衛本能、備わっているんだなあ。



この後全員の子をしばらく親に預け、

夕方再チャレンジするも、やはり2羽については玉砕。

そのうがぺちゃんこでも、まったく口を開けてくれません。

考えた末、口を開けてなんとか食べてくれた2羽はふごに寝せ、

どうしても挿し餌を食べようとしない2羽は

手乗りにすることをあきらめ、親元に帰しました。



皿巣はもう一度つぼ巣へ変更です。

一日に2度も子供が神隠しにあって、

いっちーさん♀もぼんちゃん♂もびっくりだったと思いますが、

すぐに給餌を始めてくれ、元のように親子一緒に巣に入っていました。



十姉妹にとってみれば、巣上げとかってまったく意味のないことで、

彼らは放っておけば巣立ちまできちんと雛の面倒を見るでしょう。


巣上げとは、人間のエゴ。

手乗りにしたいばかりに、まだ親の愛情を受けたい雛を親から引き離す。

そんな強引なことをしておいて、挿し餌できないからやっぱり親に返すなんて

育児放棄してるのは、私のほうじゃないの。

代理母、失格です。



でも、いっちー母さんとぼん父ちゃんは、本当にしっかりした親鳥。

返した雛を受け入れてくれて、ありがとう。

私が預かった残りの2羽も、返した子たちと同じ、あなたたちの大事な子供たち。

至らない代理母だけど、がんばって育てるからね。






孤軍奮闘中の代理母に応援ポチッ☆お願いします♪
にほんブログ村 鳥ブログ 十姉妹へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
23 : 47 | 今日の十姉妹さん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<雛ちゃん紹介&挿し餌 | ホーム | 掛川花鳥園に行ってきました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://miki3869.blog.fc2.com/tb.php/47-b9a9c6a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。